日焼けによる肌のダメージ

  • HOME
  • 日焼けによる肌ダメージ

日焼けによる肌ダメージ

◆このくらい平気・・・が危ない!

日焼けはお肌にダメージを与えています。

何気なく浴びている紫外線です。

このくらい平気だと思って、ケアをしないでいませんか?コツコツと浴びた紫外線は、後々のお肌に大きな影響を与えてしまいます。

◆沈着・堆積するんです・・・

紫外線を浴びるとメラニン色素が皮膚の下に沈着していきます。

お肌が焼けたというのは、この色素のことです。

地味に浴びてしまった紫外線ほどやっかいなものはありません。

海などに行って思い切り焼いてしまったときは、お肌が赤くなったり火照ったりするのでわかりやすいものですが、日常の日焼けは気が付かないものです。

得に暑い日などは、暑さに気がいってしまい、日焼けをしているという意識が低いものです。

お肌は気が付かないうちにダメージを受けているものなのです。

部分的に身体が熱いなと感じたら、そこは日焼けをしている部分ですよ。

◆ダメージを回復させよう!

すぐに冷やすことにしましょう。

シャワーを浴びるのも方法です。

出来るだけ冷たい水で日焼けをしてしまった部分をクールダウンしてあげましょう。

日焼けのお肌のダメージは、早くケアしてあげることでダメージを最小限に防ぐことが出来ますよ。

またお肌に効果があるのはビタミンCです。

サプリメントでも補充することが出来るものですから、生活に取り入れてみましょう。

日焼けがひどくて自分ではどうしようもない時は、皮膚科に行って専門のお医者さんの指示をもらうようにしましょう。